トータルライフデザイングループ
花宮総合コンサルタントオフィス

「相続放棄」相談コーナー

遺産分割協議では相続放棄はできない

遺産分割協議では相続放棄はできない

実は、相続人の相続分をゼロにする方法というのは以下のようなものもあります。

  • 遺産分割協議書の中で、自分の取り分をゼロにする
  • 相続分を譲渡する

よくある話として、

  • 『親族の話し合いで、相続に詳しいおじさんに「今回は長男が全て引き継ぐから次男のおまえは相続放棄をしてくれ」と言われて遺産分割協議書に実印を押した』
  • 『私の相続分は全て兄に譲渡したから私は相続に関係ない』

といったことが聞かれます。

しかし、こういったものは事実上の相続放棄に過ぎません。
他にもいくつかありますが、家庭裁判所を介していないこれらの方法は、単に相続人間での話し合いであったり、自分の意思を表示しただけのものであるため、債権者に対しては効力がなく、後に相続債務(借金)の支払いを請求された場合には拒絶することができません。

つまり、マイナスの財産は勝手に放棄ができないのです。

一般的に、プラスの財産を相続しなかったから「相続を放棄した」と認識されることが多いようですが、正式な手続きで家庭裁判所に申立てをして相続放棄をしない限り、マイナスの財産は相続してしまいます。