トータルライフデザイングループ
花宮総合コンサルタントオフィス

「相続放棄」相談コーナー

こんな事をすると相続放棄ができなくなる

遺産分割協議では相続放棄はできない

相続財産のうち、いくらかのお金を使った後でも、負債を含めた残りの財産を放棄することができるのでしょうか?

  • 故人(被相続人)の口座からお金を使ってしまった
  • 故人(被相続人)のものであった自動車を売却してしまった

いいえ、このような場合には、もう相続放棄はできません。
相続放棄とは、放棄した者が初めから相続人でなかったものとして扱われ、相続財産の一切を受け継がない、というものだからです。

このように相続放棄ができなくなることを「単純承認」といい、以下の場合が該当します。

<法定単純承認事由>

  • 相続人が相続財産の一部、又は全部を処分したとき
  • 自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月経過しても限定承認も相続放棄もしなかったとき
  • 相続財産の一部または全部を隠匿したり、消費したり、わざと相続財産目録に記載しなかったとき(相続放棄後にこの行為をした場合を含む)

上記の事由に該当すると、単純承認をしたとみなされ、プラスの財産もマイナスの財産も全て受け継がなければなりません。

単純承認をしたとみなされた後であると相続放棄はできなくなりますので、相続放棄を検討されている方はご注意ください。