トータルライフデザイングループ
花宮総合コンサルタントオフィス

「相続放棄」相談コーナー

相続放棄Q&A

1:父が亡くなりそうなのですが、亡くなる前に相続放棄はできますか?

相続開始前(被相続人が亡くなる前)に相続放棄はできません。

○ 相続放棄は、「相続する権利」を放棄することです。
被相続人が亡くならない限りは相続する権利自体が発生しないので、事前に放棄することは不可能です。

▲上へ戻る

2:遺族全員で相続放棄をしたいのですが・・・

相続権には順位があるので、最初から全員で放棄することはできません。

  • 第一順位 : 子
  • 第二順位 : 直系尊属(父母、祖父母、曾祖父母)
  • 第三順位 : 兄弟姉妹
  • ※配偶者は常に相続人です

○ 第一順位の子が全員相続放棄をすると先順位の者がいなくなり、相続権は第二順位の直系尊属に移ります。そして、直系尊属が全員相続放棄をすると、次は第三順位の兄弟姉妹に相続権が移ります。

○ 相続放棄する場合は、上記の順位に従って手続きを行う必要があります。

○ なお、当法人では、ご遺族の方全員から相談を伺って、順を追って相続放棄の申述をしていくことができますので、実際には全員で話し合って行動を起こすことが可能です。

▲上へ戻る

3:未成年者が相続放棄する場合は?

法定代理人(親権者等)が未成年の子に代わって相続放棄の申立てを行うこととなります。

○ なお、親自身も子どもと一緒に相続放棄する場合は問題ありませんが、親は相続放棄をせずに未成年の子だけが相続放棄をする場合は、外形上、子の利益を害する危険性があるため、家庭裁判所に申立てて、子のために特別代理人を選任してもらう必要があります。

▲上へ戻る

4:相続開始後3ヶ月が過ぎそうなんですが・・・

相続放棄の熟慮期間(3ヶ月)内に申立書の提出ができそうにない場合、期間内であれば、熟慮期間の伸長を申立てることができます。

○ 忙しい中で、相続財産を把握して相続放棄をするかどうかと検討し、書類の準備をするのか困難なことも多いため、このような制度が準備されています。

○ ただし、この期間伸長の申立ても家庭裁判所に書類を提出して行う必要があるため、早めにご相談されることをおすすめします。

○ また、万が一3ヶ月を経過してしまっても、事情によっては相続放棄が認められることもあります。
そういった場合でもあきらめずに私共にご相談ください。

▲上へ戻る

5:相続放棄をすると生命保険も受け取れないのですか?

生命保険金は原則として相続財産ではなく、保険契約上の受取人固有の財産とされています。相続人が受取人に指定されている場合は、たまたま相続人と保険金受取人が同一であるだけなので、相続放棄をしても受け取ることができます。

○ ただし、故人(被相続人)が受取人であった場合には、故人の財産=相続財産を引き継ぐ形になるため相続放棄をすると受け取ることはできません。

○ なお、生命保険の契約内容によってはこれと異なる扱いもありますので必ずご確認ください。

▲上へ戻る

6:故人に多額の税金滞納が発覚したのですが・・・

相続放棄をすれば、税金の支払い義務も相続せずに済みます。

○ 自己破産の場合ですと税金の支払い義務は免責されませんが、相続は自分の意思とは関係なく債権債務を受け継いでしまうものですので、相続放棄をする人に責任はないといえます。
そのため税金の支払い義務も相続放棄することができるのです。

▲上へ戻る

7:一度した相続放棄を撤回したいのですが・・・

相続放棄は、原則として撤回できません。ただし、例外として詐欺や脅迫によって相続放棄をしてしまった場合には、取消しが可能とされています。

▲上へ戻る

8:相続放棄にはどんな書類が必要ですか?

相続放棄には、原則として下記の書類が必要となります。

  • ・相続放棄申述書
  • ・申述人の戸籍謄本
  • ・被相続人の戸籍または除籍謄本
  • ・被相続人の住民票除票

○ その他、相続の態様によっては追加で必要となる書類もありますのでお問い合せください。

▲上へ戻る